スタンダップコメディアン ナオユキxギターヴォーカル 赤べぇ
2017/4/22(sat)open18:00/18:30st 2,500(ドリンク付)
赤べぇさんの素晴らしいギター演奏と楽しいトークと、 ナオユキさんの爆笑漫談で大笑いの一夜。



―あくびつかまえた―
Chima×永見行崇 春眠Live



2017/4/14(fri)19:00開場19:30〜
2,500円(ドリンク付き)

■Chima
大阪生まれ、札幌在住のシンガーソングライター。 幼少期をドイツ、アメリカで過ごす。 現在は、小さな体にギターを背負い全国各地を巡り、ライブ活動を行っている。自身の活動の他に、GalileoGalileiのコーラス、蓮沼執太やTO-MAS(クラムボンミト氏が参加する劇伴ユニット)へフィーチャリングボーカルとして参加するなど精力的に活動中。

website: http://www.chima.jp/
twitter: chimaty

■永見行崇
5歳よりクラシックピアノを学ぶ。 九州芸術工科大学芸術工学部音響設計学科卒業後、N.Y.にてジャズピアノを、西アフリカのセネガルにて民族打楽器サバールを学び、2001年から4年に渡り劇団四季ミュージカル「LIONKING」に打楽器奏者として出演。ピアノの打楽器的な側面を生かしつつメロディアスに音をつむぎ、大学で学んだ聴覚心理学を生かし、心と身体に響く音をデザインし続けている。世界中のリズムやメロディーをバランスよく取り入れたアレンジとトラック制作を得意とし、TV番組への楽曲提供、サウンド・プロデュースなど、幅広く制作活動を行っている。



JUBAN DO ONI (ジュバンドーニ)展示販売会

2017/3/23~29

JUBAN DO ONI 代表 黒川紗恵子さんからのメッセージ。

着物が日常着だった頃、日本の下着は肌襦袢と腰巻きという
布を纏うだけの開放的なスタイルでした。

洋服文化が定着すると共に、体を補正する役割を担うようになった下着は
いつしか身体にとって少し窮屈に。

もう一度、昔の締め付けない下着の良さを取り入れたい。
そういう思いから、

JUBAN 襦袢(じゅばん)

ONI 童謡「オニのパンツ」で謳われているような ”つよくていいパンツ”
を掛け合わせ、JUBAN DO ONI (ジュバンドーニ)が生まれました。

「オニのパンツはいいパンツ♪はこうはこうオニのパンツ♪」

あなたにとって身も心もゆるむ
今の時代のオニのパンツとなりますように。



JUBAN DO ONI

黒川紗恵子x 永見行崇 DUO concert  〜春風をまとって

2017/3/24(fri)19:00開場19:30〜
2,500円(ドリンク付き)

クラリネット奏者 黒川紗恵子
黒川紗恵子
ピアニスト 永見行崇
永見行崇によるデュオユニット。
リズミカルなブラジル音楽から情景を奏でるオリジナル曲まで、
憂いのあるメロディーと爽やかなリズムに溢れた
春の始まりにピッタリな贅沢な時間をお過ごしください。

ご予約、お問合せ:078-753-3305 ファヴォリータ


黒川紗恵子さんのブランド
JUBAN DO ONI(ジュバンドーニ)の展示販売会を同時開催。



〜春眠にさえずるのです〜

「さえずりな夜」音楽会 @ファヴォリータ
3/15(水)開場19:00/開演19:30  3000円(1ドリンク付き)
さえずりな夜"

【出演】
山村誠一(steel pan)、 山田裕(7弦ギター)、 黒田かなで(violin)

「さえずりな夜」

関西を代表するスチール・パン奏者山村誠一が主宰する快適音楽を演奏するセッション楽団。

カリブ海の楽園トリニダード・トバコのスチール・パン、中南米の陽気なリズムがJust fitな ドラム缶楽器ですが、あえて甘めでメローな音楽をお届けする”さえずりな夜”。



松原俊生さんの小さなマジックショー
2017年2/11(土)14:00〜
2000yen(1drink付)

不思議が目の前で起こるテーブルマジック!

テーブルマジック